狭小土地を購入で土地のコストを下げその分を住宅へ当てよう

大学生の賃貸物件選び

学生のアパート探しのポイント

春から大学生となり一人暮らしをはじめる予定であるのであれば、合格が分かった次の日からでも賃貸物件探しをはじめることです。基本的に大学周辺の近場の賃貸アパートから部屋が埋まっていきますので、同じ大学に入学する人と早い者勝ちになります。すぐにでも部屋を決めたいのであれば、1日で契約手続きができるように親同伴で不動産屋をめぐることです。入学手続きもあるのであれば、大学へ入学手続きにきたと同時に大学生協で春休みは新入生向けに部屋を紹介しているので合わせて手続きをすると効率的です。親同伴だと連帯保証人の契約書作成も同時にできるので、事前にお金の準備や必要書類の準備などをしておくとよいです。午前中の内から訪問して1日で終わるようにします。

学生の部屋の条件について

学生が賃貸アパートを探すのであれば、なるべくなら大学の近くがよいです。そして予算ですが、仕送りが毎月いくらくらいかそれにプラスしてアルバイトするかどうかなど家賃の予算をあらかじめきめておきます。予算の上限を決めたら変更しないことです。例えば家賃8万円までと不動産屋に伝えると、安くて条件のいい部屋はいっぱいあるのに、8万円前後の物件しか紹介をしてくれませんので上限は本来よりも少し低めで伝えておいても構わないのです。安全面ですが、女性の学生であれば賃貸アパートも2階建て以上に住むのが安心です。また駅からの距離やオートロックは完備してあるのかもポイントです。勧誘にくることがありますので、オートロックであれば多少は防げます。

↑ PAGE TOP