狭小土地を購入で土地のコストを下げその分を住宅へ当てよう

最近の狭小地

狭小地の価格の傾向とは

狭小地というきちんとした定義はありませんが一般的には20坪程度以下の狭い土地のことを指します。建築会社によっては25坪で狭小地というところもありますし10坪以下を狭小地と呼んでいるところもあります。東京の都心部などでは空き地が少なく狭小地でもかなり優良とされている土地も少なくありません。 周辺に比較的広い60坪程度の土地ばかりが販売されているような地域で狭小地として販売するばあいには坪単価に換算して割安となるけーすもあります。しかし一般的に都心部などの狭小地は土地が小さい分土地の費用は安く抑えることができますが、坪単価に換算すると割高になるケースも少なくありません。とはいえ坪単価で数百万円する地域の場合狭小地でなければ手が出ないという人も多くこうした人には人気の土地といえるのです。

建物付きの物件を購入する際の注意点

土地だけで販売されているケースだけでなく建物が建築されて販売されている狭小地もたくさんあります。こうした狭小地を想像すると分かる通り狭小地は敷地目いっぱい建物が建っているケースも多く隣との距離が数十センチという建物もあります。もちろん法律で建ぺい率や容積率が決められておりこうした数値を守ったうえで建築する必要があります。しかし同じ業者が建築して販売している場合にはより利益のでる販売方法をとっていることもあり、こうした物件を購入して建物を建て替える際には場合によってはもっと境界から距離を話して建物を建てる必要があるというケースもあります。このように建て替えやリフォームの工事を行う場合には周辺住民への配慮が必要になるなど注意が必要な物件も少なくないのです。

↑ PAGE TOP