狭小土地を購入で土地のコストを下げその分を住宅へ当てよう

低金利時代の新築住宅

低金利時代を迎え、住宅ローンの金利は最低レベルにあります。

平成26年3月前には、新築住宅の駆け込み需要がありました。 平成26年4月以降に、消費税率が5パーセントから8パーセントに引き上げになるため、税率アップの前に住宅を購入する者が増加しました。 新築住宅を購入する者の多くは、頭金としていくらかの現金を準備した上で、残りを住宅ローンとしています。 低金利時代を迎え、住宅ローンの金利は最低レベルにあります。 住宅ローンを使用する場合には、年間の返済金額が年収の2割から3割とすることが理想的であるとされています。 住宅を取得する際には住宅の購入費用のほかにも、不動産取得税、登記費用、家具やカーテンなどの購入費用、新居への引っ越し費用などが発生します。 住宅を購入する際には、十分な資金計画を検討する必要があります。

中古住宅を購入する場合には、建築年数を十分確認しておく必要があります。

新築住宅以外にも、中古住宅を購入する者もあります。 中古住宅を購入する際には、建築後の建築年数に注意する必要があります。 住宅を取得する以外にも賃貸住宅の居住する者も少なくありません。 賃貸住宅の場合には、住宅の賃貸料金は発生しますが、住宅を所有するための固定資産税、火災保険料や住宅の維持・修理費用は発生しません。 また、賃貸住宅が古くなった場合には、容易に住み替えが可能です。 長期間にわたり賃貸住宅に居住した場合、その賃貸料金の支払総額は住宅購入費用を上回ることもありますが、資産としては何も残りません。 新築住宅を購入するか、中古住宅を購入するか、賃貸住宅に住み続けるかは、ライフスタイル、家族構成や資金計画などを十分検討する必要があります。

↑ PAGE TOP